2017年04月07日


【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

糖尿病の数値にヘモグロビンA1cという値があります。

これは、赤血球の中のヘモグロビンのうちのどれくらいの割合が糖と結合しているのかを示す数値です。

血糖値が高い人は、ヘモグロビンA1も高く、血糖値が低い人は、これも低いというものです。

面白いことに、過去1~2ヶ月の血糖値の平均を反映して変化するので、血糖コントロールの目安として活用されています。
ごまかしが効かないので、わりと正確に日常の食事の仕方が分かってしまいます。

ヘモグロビンA1c値 5.4%(NGSP値)未満 血糖値が正常
ヘモグロビンA1c値 5.4-6.4%(NGSP値)  時々血糖値が高めの人(境界型糖尿病)
ヘモグロビンA1c値 6.5%(NGSP値)以上 糖尿病

数値としては、上記のような判断基準です。



2017年04月05日

糖尿病の診断基準は

・空腹時血糖 - 126mg/dl以上
・食後2時間血糖 - 126mg/dl以上
・ヘモグロビンA1c6.5%以上

この数値が続くようであれば、糖尿病と診断されます。

正常値は

・空腹時血糖 - 70~109mg/dl
・食後2時間血糖 - 140mg/dl未満

です。



2017年04月04日

糖尿病の合併症

・糖尿病性神経障害
・糖尿病網膜症
・糖尿病性腎症

の順番で起こります。

糖尿病性神経障害の結末は、足の切断・心筋梗塞

糖尿病網膜症の結末は、失明

糖尿病性腎症の結末は人工透析

糖尿病と診断されても、改善努力を怠った人はこのような合併症を起こします。

医師の指導の元、しっかりと血糖コントロールを実践された方は、合併症を患うこと無く生活することが可能です。





糖尿病 | 

SEO対策テンプレート